キャバ嬢のヘルプの役割とは?

キャバ嬢として働くなら、ヘルプの役割について知っておきましょう。

そもそもヘルプとは、指名されたキャバ嬢が別のテーブルについている時に、接客できないお客様に対して別のキャバ嬢がついて場を繋ぎ役をするという役割がありますよ。

ヘルプで接客する事によって仕事を覚えられたり、キャバ嬢やお店から信頼してもらえたり、お客様に名前や顔を覚えてもらえるのです。

ヘルプとしてお客様に接客する時には、指名されたキャバ嬢以上に盛り上げないように気をつけつつ引き立て役のようなポジションで接客を行い、もし指名されたキャバ嬢と一緒に接客をするなら雑務がヘルプの仕事だと言えるでしょう。

ヘルプとしてテーブルについたら、お客様にお酒をおねだりしたり連絡先の交換はNGですから注意しましょう。